【部屋干し】部屋のスペースをうまく使って乾燥させるアイテム・コツ!

おすすめ商品!
スポンサーリンク
こんな人におススメ

・部屋干しをしたいけどスペースに悩んでいる人

部屋干しをしたいけれど、部屋が広くないためスペースがなく窮屈に感じる人が多いのではないでしょうか。私も大学生で部屋が広くないため部屋干しの選択スーペースに困っていました。

そんな悩みを解決しくれたのがこちらの商品です。

一人ぐらいの部屋干しに必須のアイテムを紹介します!これ一つで省スペースを実現し、乾燥も簡単になりました。また、立体的に配置できるので空気の流れを良好にし、部屋干しの生乾きも防いでくれます!

一般的に服を干す道具はは床を占有してしまうため、一人暮らしの部屋だとかなりスペースを奪われてしまいます。

しかし、こちらの商品を使うと空間の上部分だけを使うことができ、床のスペースを埋めずに部屋干しが可能になります。

これによって、部屋有効活用できるようになります。

私はこれのおかげで狭い部屋に床のスペースを多く設けることができ洗濯物したで筋トレなどをしていました。

部屋干しする理由

私が部屋干しをした理由をあげます。

  • 天候に左右されず干すことができるため
  • 帰宅後に洗濯すると乾燥は夜中になってしまうため
  • 夜中に外干しすると虫の卵を植付けられると聞いたため
  • 外干しで花粉などを付けたくないため

主な理由は以上の通りです。私が住んでいる地域が山の近くに位置しているため、天候が変わりやすいです。日中は家に帰ることができないため、突然の雨で洗濯物が濡れることも多々ありました。

二度手間になってしまい、嫌になったので部屋干しにしました。

コインランドリーを使っていた時期もありました。しかし、時間とお金を取られるので嫌でした。

また、帰宅後に洗濯すると、夜に乾燥させるのですが虫が多い地域のため、卵を植付けられる危険性もありました。かといって、休みの日にまとめて洗濯することも嫌でした。

洗濯物を外に干すとほかの人に見られるなど、避ける理由はまだまだありそうです。

 



部屋干し商品

今回冒頭で紹介した商品は取り付けも簡単かつ省スペースをも実現できるため、部屋干しにうってつけのアイテムです。

床から天井または窓の段差のところに縦の突っ張り棒を立てます。突っ張り棒から横に棒がかけられる部分があるのでそこに棒をかけます。その棒にハンガーで服をかけます。

横にかける棒を上部にセットするとより床とのスペースが広がります。洗濯物をかけやすい高さと作りたいスペースを考えて自分に合った高さに調整することができます。

窓の近くにセットすれば日光を取りいれながら乾燥させることが可能です。また、カーテンの代わりにもなるので一石二鳥です。

部屋干しの問題解決

部屋干しには以下のような問題があると考えています

  • 生乾き
  • 服の密着によるにおい移り

下から扇風機をあて、上でエアコンをあてることも生乾きを防ぎ、可能なのでうまく乾かすことができました。

十分に服の間隔をあけることが可能なため、におい移りなどもありません。

私はニトリで購入しました。値段も同じくらいです。

一人ぐらいの部屋干しに必須のアイテムを紹介しました。これ一つで省スペースを実現し、乾燥も簡単になりました。また、立体的に配置できるので空気の流れを良好にし、部屋干しの生乾きも防いでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました